自動車を売却する場合や、そして車の査定のさいもどちらも印鑑証明が必要になってきます。この印鑑証明という書類について説明しましょう。印鑑証明とはある印鑑に対して、それが実印として認められていることを保証するものです。これがないと使っている印鑑が実印として認められていることがわかりません。大金が動く商談になる車両の買い取りですので実印が要ることになりますがそれとセットで印鑑証明が出てきます。印鑑証明を交付してもらうためには、はじめに印鑑証明の手続きをしなければなりません。印鑑証明書に登録する印鑑は実印といい、この世に一つだけの印鑑である必要があります。この実印を手配して、自分が住む役所へいけば、印鑑登録できます。手続きが終わると、印鑑登録カードが発行され登録した印鑑は実印になったということになります。印鑑証明、正確には印鑑登録証明書を発行してもらうには役場の取次ぎ所へ出向き、印鑑登録証明書交付申請書に必要事項を書き込んで、印鑑登録カードを持って行くだけでできます。他にも、自動交付機で発行することができます。印鑑証明には有効期限はないのです。なのでどんなに前の印鑑証明であろうが効力は続くということです。しかし中古車買い取りの際は、効力のある印鑑証明は三ヶ月以内に発行された書類が有効とされています。普通は有効期限などはありませんが車売却時には買い取り先が必須となる有効期限を教えてくれるので、車買取予定の車があるなら買い取りが成立する前に用意しておくことが必要です。