とうとう開始する時という場合では始めに事前調査をサボってはいけません。

売買を始める前であるならば場面を客観的に調査する事ができる余裕があります。

だが、いっぺん売買の中に踏み込んでしまうと、どう試みても見解が客観性を欠くものになり、状況によっては適切な判断が出来なくなる不安があります。

そのために自らの精神が冷静な場面で、きちっと事前準備をしておくことが大事です。

”準備”のためには、最初は自分だけのストーリー展開を記す事からスタートします。

市場は上がる(または下がる)から、米ドルを買う(あるいは売る)というような自らの筋書きを書いていきます。

次に大事なのは時間足チャートをチェックする事です。

これまでの為替レートの上げ下げを調べて今日の位置を見ます。

すると、「今現在は結構安すぎる状態にある」とか、それとも「もう多数の方々が取引しているから、今から慌てて売買してももはやなすすべがない」などと分かってきます。

もちろん今となっては売り(または買い)するが手遅れだなと思ったら何もしないで、潔く割り切ることが大事です。

あなたなりのシナリオを押し通して無理やり売買すると、市場にやられてしまいそれどころか損することになる危険性があります。

ただしかなりの場合用意周到に自分の筋書きを描いていれば仕かけるのがやりようがないという状況にはならないだろう。

実際に相場が動意づく前のはずだからです。

次に、差し当たりあなたが売り買いしようと検討している外貨ポジションの動きを注意深くチェックすることが大切です。

ドル高に向うだろうという脚本を作ったのであれば該当する外貨の変化に注目しておくことだ。

マーケットの上げ下げを気をつけ始めた状況ではまだまだ該当の通貨は誰の眼にも明らかに上下動する雰囲気を見せないで、上下に多少の変化を繰り返しているだけでしょう。

でも、その変化を正確にチェックしているとあるところで円安の方向へと外国為替市場が変化し始めます。

このタイミングでいよいよドル円の取引します。

一般的に、そこまで緻密に事前準備をやっておけば、そのトレードで勝つ率は結構高くなります。